第44回県刻字展

11月29日(金)〜12月4日(水) 高崎シティギャラリー 第1展示室

■開催期間
11月29日(金)~12月4日(水)
10:00〜17:00(最終日は15:00まで)
■会場
高崎シティギャラリー
■会場住所
〒370-0829 群馬県高崎市高松町35−1
■内容

第44回群馬県刻字展(上毛新聞社、群馬刻字協会主催)が29日から12月4日まで、高崎シティギャラリー第1展示室で開催。
入場無料。授賞式4日、午後2時から同展示室。

 

委嘱大賞 松井久子さん(高崎)の作品「鐘聲散人萬家春」
県知事賞 石附宏倫さん(高崎)の作品「峨眉山月の歌」
上毛新聞社賞 都丸史雄(藤岡)の作品「搭袈裟偈」


 

力作174点一堂に 高崎で県刻字展 きょうから

第44回県刻字展(上毛新聞社、群馬刻字協会主催) が29日、高崎市の高崎シティギャラリーで始まる。28日は額に入った作品など計174点の搬入作業が行われた11写真。12月4日まで。 審査会員や委嘱会員二 般公募、高校生の各部のほか、小学生からも作品が寄せ『りれ、蒙書などの書体に

着色された刻字が並んだ。 協会理事長の竹市求仙さん(74)(藤岡市)は「書体はバラエティーに富んで見応えがある。レベルも高い」と評価した。
入場無料。午前10時から午後5時(最終日は同3時)。間い合わせは同ギャラリー(TEL. 027・328 ・5050)へ。
(2019.11.29 上毛新聞記事掲載)

  
■地区エリア
高崎市